2022/02/01

加齢とともに気を付けるべきサルコペニアとは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

サルコペニアという言葉を聞いたことはありますか?

フィジオセンター盛岡では、ここ数年

”フレイル予防”のための
リハビリやトレーニングにも力を入れておりますが、

盛岡でフレイル予防 基礎知識編

その前段階として認知されているのが
サルコペニアなんです。

サルコペニアとは・・・

サルコペニアとは、加齢による筋肉量の減少および筋力の低下のこと。

サルコペニアになると、歩く、立ち上がるなどの日常生活の基本的な動作に影響が生じ、
介護が必要になったり、転倒しやすくなったります。

 

サルコペニアになることで起こる悪循環がこちら

画像:https://jin-lib.jp/disease/senior/sarcopenia.html より引用

 

ちなみに、サルコペニアが進んでいくことで
次に起こってくることがロコモティブ・シンドローム。

つまり、運動に必要なカラダの仕組みが
うまく動かなくなる状態へと進行していきます。

そして最後がフレイル。

これは介護度がつく一歩手前の状態。

 

 

フレイルにならないためにも、

まずは、最初の段階である自分がサルコペニアかどうか
現在地を把握することが大切です。

 

サルコペニアかどうかの診断方法

 

一般的に、自分がサルコペニアかどうか
きちんと診断するには専門の病院を受診するしかありません。

しかし、フィジオセンター盛岡では、
大きな病院で使われているINBODYを所有しており、

SMI(骨格筋指数)を正確に測ることができるようになっています。

 

Inbodyでチェックすべきサルコペニアかどうかの数値

以下の数値を参考にします。

SMI(骨格筋指数)
男性:7.0kg/m未満
女性:5.7kg/m未満

Inbody(体組成計)で自分のボディをスキャンしよう

 

 

Inbodyを使ったサルコペニア診断についてのお問い合わせは


国家資格である作業療法士・理学療法士が常駐している
フィジオセンター盛岡まで

電話: 019-681-6647

ホームページ https://physiocenter-morioka.com/

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。