2022/02/23

盛岡でフレイル予防 基礎知識編

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

フィジオセンター盛岡へのお問合せとして
最近増えてきているのが、”フレイル予防”について。

マスクの着用率100%の日本人なのに・・・

 

世界でもトップクラスに予防の意識が高い日本人。

生まれてからすぐに予防接種をするのはもちろん、

コロナ禍において、
他国ではマスクをしない人もかなりの数いる一方、

日本人の着用率はほぼ100%。

それだけ予防意識の高い日本人にもかかわらず、
生活習慣病にならないための予防を行っている割合は
極端に少ないのが現状です。

 

生活習慣病の予防方法は2つしかありません

 

ちなみに、生活習慣病を予防する方法は、
食事療法と運動療法の2つしかありません。

にもかかわらず、
実際、自分の体調や体形に合わせた
食事療法と運動療法について学び、

予防されている方は
多くないのが現状です。

 

特に運動療法に長けている専門家は
一般的なフィットネスジムのトレーナーでは難しく、

その多くは病院でリハビリを支援しているため

ケガや病気をする前の予防を
サポートしてくれる人は

一般の施設にはほとんどいないんです。

 

結果、年を取ってからフレイルになり、
生きてはいるけど日常生活が困難になってしまっているシニアが
急増しつつあります。

 

フレイルについて

フレイル予防のキホンとして、
以下、3つのことを重視しています。

1:身体予防
2:認知予防
3:口腔予防

です。

 

1:身体予防

身体予防とは、
その名の通り、

生活に必要な動作が
年齢を重ねてもできるような状態を
維持すること。

主に、運動を通して、
筋力をできる限り落とさず、
身体の可動域を広げるように
トレーニングすることが大切です。

 

2:認知予防

認知予防に大切なのは”会話”です。

コミュニケーション頻度が高い人ほど、
認知機能が下がりにくくなります。

特に男性は、
働いている頃は
社内の同僚や上司部下と
会話する機会があるものの、

定年退職後は、
家族以外、
誰とも話す機会もなく

家族内でも会話が少ないと
一気に認知機能が下がっていきます。

 

できる限りそうならないよう
新しいコミュニティーに参加したり
外に出る機会を増やすことが大切です。

 

3:口腔予防

 

最後は口腔予防。

8020(80歳になっても20本以上自分の歯を保つ)ために、
手入れを心がけることが大切です。

おいしいものを最後まで食べれる環境こそ
フレイル予防としても重要ですからね。

 

 

 

何から始めていいかわからない時は・・・

フィジオセンター盛岡の強みは、
常に、国家資格である
作業療法士または理学療法士が常駐し

あなた専用のフレイル予防メニューを作り
サポートできること。

 

何歳になっても遅くはない
フレイル予防について、

詳しくお聞きになりたい方は
フィジオセンター盛岡まで

お気軽にお問い合わせください。

 

フィジオセンター盛岡へのお問合せ

電話: 019-681-6647

ホームページ https://physiocenter-morioka.com/

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。