2019/10/31

坐骨神経痛とは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

坐骨神経痛とは、腰から足へとつながっている「坐骨神経」が色んな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれなどの症状のことを指しています。

原因

原因はさまざまであり、坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などが原因とされている。最も多い原因は腰椎椎間板ヘルニアであり、約90%の坐骨神経痛はこれが原因とされています。

症状

坐骨神経痛は中高年の方に多く見られ、お尻や太もも、すね、ふくらはぎ、足にかけて、鋭い痛みやしびれ、ふくらはぎの張り、冷感や灼熱感、締めつけ感などの症状があらわれます。
こうした症状は、足の一部分だけに強く感じることもあれば、足全体に強く感じる場合もあります。

坐骨神経痛のご相談はフィジオセンター盛岡まで

坐骨神経痛のご相談 リハビリは理学療法士 作業療法士のいるフォジオセンター盛岡まで。

https://physiocenter-morioka.com/

  • お電話でのお問い合わせ・ご相談は
    平日10:00~20:00
  •  019-681-6647
この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© フィジオセンター盛岡 代表のひとりごと , 2018 All Rights Reserved.