2022/04/04

Q: 腰痛でもトレーニングしてもいいですか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

腰痛は、診断名がつかないのが8割。
その場合は、レッドコードで筋肉を緩めることから始めてください。

残り2割は、椎間板ヘルニア・脊椎間狭窄症・脊椎すべり症・脊椎分離症が多くを占めています。

もしあなたが、その2割なら、

腰痛を改善するために

何らかの運動(リハビリやトレーニング)をしたいと
お考えだと思います。

ただ、

お医者さんからは安静にしたほうがいいと
アドバイスされているかもしれませんね。

 

でも・・・

A:腰痛だからこそトレーニングが必要です

腰痛の主な原因は、背筋にあります。

背筋を使いすぎることによって
腰に様々な影響を及ぼし、痛みが出るようになるのです。

そんな中、
腰が痛いからと安静にし続けると

”腹筋”がさらに弱くなり
腰痛が悪化する原因となってしまいます。

 

その事実は、
意外と知られていません。

 

お医者さんからも
腰痛対策として腹筋を鍛えてくださいと
言われているかもしれませんが、

腹筋を鍛える=シックスパックを目指しても意味がありません。

 

なぜなら、大切なのは・・・

腹横筋を鍛えることにあるから

シックスパックを鍛えるということは
腹直筋を鍛えることになるわけですが、

腹直筋を鍛えても
腰痛改善にはつながりません。

腰痛を改善するには
さらに奥にある腹横筋を鍛え
天然のコルセットを作る必要があります。

 

そして、腹横筋は
普通の腹筋トレーニングでは
鍛えることができません。

 

そこで登場するのがレッドコード

腹横筋を鍛える方法として
最も有効なのがレッドコード。

無理なく自重だけで
腹横筋を鍛えることが可能なのです。

 

腰痛をお持ちの方こそ、
安静にして過ごすのではなく

トレーニングをして
腰痛になりにくい体を作る必要があるんです。

 

もし、腰痛でお悩みの方は
一度、フィジオセンター盛岡の無料体験で
その効果を体験してみてください。

 

レッドコードの無料体験をご希望の方は

フィジオセンター盛岡
https://physiocenter-morioka.com/

岩手県盛岡市向中野2丁目56-7

電話番号 019-681-6647

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。