硬さは老化につながる 毎日ストレッチを必要とする理由とは?

2019年9月5日

健康寿命を伸ばすために、体の柔らかさはとても大切。

 

そもそも筋肉は使わなければ使わないほど硬くなるため、

体は老化へと繋がっていってしまいます。

 

しかしながら、いきなり筋肉に負荷をかける「筋トレ」をするのは大変ですよね。

そこで、筋トレより体力を必要としないストレッチがおススメ。

 

ストレッチで病気予防も

 

ストレッチの魅力は、

・体力をそこまで使わなくても
・誰でも簡単に始められ
・体が柔らかくなることで筋肉の緊張もゆるむため快適に動ける

ことが挙げられます。

 

そしてなにより、

ストレッチをすることで動脈硬化の予防にも。

 

ストレッチで筋肉が柔らかくなっていくと、血管が広がり、血圧も下がる傾向に。

結果として、動脈硬化のリスクが減ったり、血糖値を下がったという報告も上がっています。

 

また、股関節の柔軟性が上がると歩幅が広がる。

日常生活の活動量が上がることで、体脂肪が燃えやすくなり、

結果、動脈硬化予防にもつながるということです。

 

基本は10秒3セット

 

筋肉は伸ばし続けると縮んでしまう性質を持っています。

そのため、長い時間ストレッチをすればいいというものではなく、

ひとつの筋肉に対して10秒3セットがおススメです。

 

ラジオ体操はやっぱり最強だった

 

それでも、ストレッチをいつ どこで どのくらいすればいいのかわからない。

そんな人も少なくないと思います。

 

そんな方におススメなのが、

 

ストレッチ効果も期待しつつ、

運動にもなる日本生まれの最強コンテンツ=ラジオ体操です。

 

体操=ストレッチ

 

理学療法士や作業療法士が推奨しているのもラジオ体操。

全ての筋肉をストレッチさせることができ、軽い運動にもなるため、毎日ラジオ体操することで健康寿命を伸ばす効果が期待できます。

 

[su_youtube url="https://youtu.be/LuiDj3wa0UA"]

 

おなじみの「ラジオ体操」は90年の歴史を持っています。

誰でも気軽に実践できる運動として、現在も多くの人に親しまれています。

 

毎日取り組んで、健康維持にお役立てください!