子どもの腰痛が急増 脊椎分離症とは?

2020年5月20日

ここ数年、スポーツをしている子供たち。特に、小学校 中学年から高学年にかけて、腰痛になってるケースが急増しています。

 

特に、激しい運動=オーバーユースによる腰椎の疲労骨折である

脊椎分離症になる人が増えているようです。

 

脊椎分離症って?

腰椎の疲労骨折は、関節突起間部といわれる場所に起きます。腰椎の中でも後方の部位で、腰を反らしたり、回したりする動作のときに負担がかかります。疲労骨折は、初期の場合、単純なX線検査では判別できず、CT(コンピューター断層撮影)あるいはMRI(磁気共鳴画像)検査で診断されます。進行すると骨折した部分で腰椎が離れるため、「腰椎分離症」と呼ばれています(下図)。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171108-OYTET50014/ より

 

 

主な原因は、

・使い過ぎ(オーバーユース)
・正しいフォームで運動できていない
・柔軟性が低い
・体を支える筋力が足りていない
・クールダウンを適当にしている

の5つが考えられ、

 

特に、体幹が弱かったり、クールダウンを疎かにし続けることで、

筋肉が硬くなったままさらなるオーバーユースで
脊椎分離症になってしまっています。

成長痛などのスポーツ損傷対策に 筋肉を緩めるためにはクールダウンを軽視するな

 

対策として

痛くなったら休む ということだけでなはく、

二度と同じ症状にならないよう、

・体幹をきっちり鍛え
・正しいクールダウン

を学ぶことが大切です。

 

 

フィジオセンター盛岡では、

レッドコードを使った体幹トレーニング。
その人に合わせた正しいクールダウンの方法をアドバイスさせて頂いております。

 

 

スポーツ少年少女はもちろんのこと、

小さい頃から腰痛に悩まされている方はぜひ一度、
フィジオセンター盛岡の体験会に参加してください。

 

初回のコンディショニングは無料です

はじめてフィジオセンター盛岡にお越しいただいた方には、
コンディショニングを30分無料体験することができますので

お気軽にお問合せ頂けますと幸いです。

 

 

フィジオセンター盛岡
https://physiocenter-morioka.com/

岩手県盛岡市向中野2丁目56-7

電話番号 019-681-6647