2022/06/22

シニアは高カロリーの食事と運動を意識しよう

 

この記事を書いている人 - WRITER -

今、シニアに関する健康情報がアップデートされ始めています。

 

食べ過ぎない 太りすぎないがNG?!

年齢を重ねるに連れて、健康的な体を維持するためできる限り、

食べ過ぎない
太りすぎない
脂肪を落とすことが

推奨されてきました。

しかし、シニア世代の場合、

・年々、食事の量が減ってくる
・外に出る機会も減ってくる
・運動量も減る
・免疫力が下がる

という結果、

フレイルや介護度がついてしまう悪循環に陥ってしまっています。

 

低栄養素がフレイルリスクに

 

羽鳥さんのモーニングショーでも紹介されていましたが、

健康的な体を維持するためには、
高カロリーの食事をとることも大切です。

https://twitter.com/morningshow_tv/status/1535139111396179970/photo/1 より

健康にいい(とされる)食事を意識しすぎて
低カロリーのものばかり取ることによって
フレイルになる可能性が高まります。

なるべくカロリーの高いモノやたんぱく質が多い食事をとり、
体重が減らないように維持することが大切です。

食欲がない場合は、おかゆよりも
チョコレートやアイスクリーム ケーキなどを食べるのもおススメとのこと。

https://twitter.com/morningshow_tv/status/1535139115158499329/photo/1 より引用

 

これからの新常識は、

・しっかり食べる
・体重を増やす
・血糖値や血圧を下げすぎない

を意識した、

食事と運動を始めましょう。

 

運動療法でお困りの方はフィジオセンター盛岡へ

食事とともに日々の運動方法にお困りの方は、

国家資格を持つ理学療法士・作業療法士がいる
フィジオセンター盛岡で。

無料体験開催中

電話: 019-681-6647

ホームページ https://physiocenter-morioka.com/

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。