2022/03/15

岩手で春からゴルフを始めるための準備 こむら返り対策編

 

この記事を書いている人 - WRITER -

岩手ももうすぐ雪解けを迎え、ゴルフのシーズンが始まります。

日本でゴルフ人口は約560万人。

コロナの影響もあって、
女性でゴルフを始める人も増えてきています。

そんな中、シーズンが始まって
一番多いのがこむら返り(足が攣ること)です。

 

なぜ、足が攣りやすくなるのか?

 

その理由はいくつかあるのですが、

傾向として、
冬の間ほぼほぼ運動をせず、
いきなり運動をしてしまうこと。

ゴルフコースは全体で
平均12kmくらいあり、

カートに乗って移動すれば
問題はないのですが、

冬の間運動していないからということで
歩いて移動してしまうと、

疲労=オーバーワーク状態で
筋肉が悲鳴を上げることで
足が攣ってしまうというわけです。

 

コースに出ても攣らないために

 

そうならないための対策として、ラウンドする2週間前くらいから、

1:ストレッチ(運動方向毎にストレッチ)をすること

例えば、股関節は8方向に動くため、
8方向の可動域を広げるストレッチを疎かにすると
股関節周りが攣りやすくなります。

ちなみに、ひざは2方向。
足首は4方向あります。

2:適度な運動

暖かくなってきたら、
中強度の運動を始めましょう。
※散歩は運動ではありませんのでご注意を。

早歩きをするのがおすすめです。

 

3:水分補給を怠らない

 

によって、足をつらないように対策が打てます。

 

さらに、鍛えたい場合は・・・

フィジオセンター盛岡で体幹を鍛えたらゴルフの飛距離が伸びてしまった話

 

足がつってしまうと、
その日1日動けないこともあるため、

しっかりとして準備を行っていきましょう。

 

もし、詳しいストレッチの方法を知りたい方は

 

フィジオセンター盛岡に
お気軽にお問い合わせください。

電話: 019-681-6647

ホームページ https://physiocenter-morioka.com/

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。